« 平成20年夏 道東紀行 | トップページ | 観照 »

平成20年8月

2008. 8.31

朝庭のハイビスカスの蟷螂に朝の挨拶おはやふござる
もしや君はひと月前のあの時の?訊けばさなりといひて伸びする
蟷螂に庵の夏はいかがかと問ふにまなこを閉じて黙する  

2008. 8.30

雨しとど降る夜は明けり濡れて咲くハイビスカスに飛び来るセセリ
一文字署の羽に大文字送り火のごとゆるやかに書き
まんまるのまなこに惹かれ近づきてゆくも動かじイチモンジセセリ 

2008. 8.29

実をつける頃にあれどもわが宿のムラサキシキブ咲く雨の中
紫の匂へる花を憎くあらば遅咲きゆへに我恋ひめやも

やんごとなき花にはあらじとおもへどもすぐれてときめきたまふ花なり
たははなる実の色ゆかしむらさきに深まる秋をそめてゆくかも  

2008. 8.28

八方台ゆ登りてゆけば檜原湖に雲なす幕の開きゆくかな
登りきて弘法清水の霊水に口漱ぎをる山母子花
いにしへの磐梯山(いわはしやま)を一目見むと雲にへの字の梯子かけゆく

登りきて叫ぶ言葉を選べるに「ばんだーい!」にしくものぞなくなる 

2008. 8.24

弓形を描きて立てる噴水に歓声を上ぐドウダンツツジ
水勢の鎮まりゆけば草木湖に白睡蓮の咲くとこそ見れ

吹く水の放物線に青春のかけらとびはね花と咲く見ゆ

2008. 8.23

湯の街は遠く霞みて登り来し道一望の白根山かな
湯釜一目見むとて登りゆく人の蟻行列となりにけるかも

秋空や瑠璃の湯釜のらりるれろ

つなぎゆくバトンにつなぐものありて神宿るかとおもひけるかな

遠のける酷暑なつかし昨夜より雷雨豪雨の常州の里
紅葉の山こそよけれ登りゆく道に織りなす錦なりけり
秋来ぬと目にもさやかに見へるなり山に登れば風におどろく
スピリチュアルの響きよろしもフィジカルの力強さよさすが泰凛!
阿蘇山をドライブするはよろしかり「あ、そう!」と定番言葉返さん
仰げれば揚がる国旗につなぎ来し心重ねて吹くやそよ風   

2008. 8.22

野の虫に身を削らるるリンドウの花むらさきのやさしかりけり
有終の金念願の金なれるソフトボールにそふと拍手す
花びらの虫食む穴ゆほの見ゆるましろき蕊の眩し龍胆

竜胆に浮かぶメロディ数あれど我浮かべるは「りんどう峠」
民さんは野菊のやふなり曾奈姫はりんどうのやふな人とおもへり 

2008. 8.21

湧き出づる湯の沸々とくささ放ち七つの樋を流れゆくかな
湯畑の常夜燈こそゆかしけれ湯けむりの中を唄ふがごとく
芳翠の字にみちびかれ入る宿の小道に男寝(おね)の石ごろごろり

あちこちに名湯あれど上州の草津にまさる湯こそなくあれ
ジョイナジョイナと多久頓うたへばあかひとのチョイナチョイナと答ふ夕暮れ 

2008. 8.19

ちひさくて白き花弁の十枚のいとすがすがしノミノフスマぞ
出羽めざす芭蕉旅寝の尿前の関にも咲きてゐたるやこの花

時を越へ流るる風にあやかりて流れゆきたしけふの我かな
天地(あめつち)の運行(さだめ)にまかす身にあれば言葉はいらずただに咲くのみ  

2008. 8.18

驚きの口を「あ!」の字に開ければ顎は地中にうづまりてゆく
金色の輝く鳥のかたちしてイチョウかほるは北京の丘に
驚くも口閉づべきと心得てまんまるまなこの空見上げたり

ライオンのまーるい口に飛び込める子等のお尻のニコニコとして
日の暮れば顎のいたみに耐へかねてまろきまなこに流すや涙  

2008. 8.17

清くあれと思へど屁も出クソも出る吾(あ)を笑ふクソカズラ花かな
「相手をバカにすっから負けたんだ」そのかみの父の言葉尊し
しろかねもこがねに光る歩み来し道を誇りて千歳の春
大空を仰ぎてヘこきクソするもいとすがすがし日曜の朝
喜びの「へひ!」悔恨の「くそ!」ありて五輪に似合ふ「へひ・くそ」の花

やまちゃんの元気のもとは快食と快屁快糞いとよろしかり
この花の臭さも慣ればうるはしきかほりとなれる日の来るらんや
屁糞出さぬ方法一つありてそれ食むことをやめしことなり
屁糞出でていのちあらたし気持ちよしそれ荘厳の世界そのもの
これが香に人間どもが顔しかめ鼻つまめるを笑ふこの花
美男より屁糞がよしといふなれば「ヘクソイケメン」はいかがなるかな    

2008. 8.16

一本の高木の上にあかあかと燃ゆる炎のノウゼンカズラ
物議かもす言葉のなかに真実を求めてやまぬ一途さを見る
下妻の小学校の垂幕に「真希ちゃん感動をありがとう」とあり
近づきて仰げば杉の大木の王冠となる凌霄花(ノウゼンカズラ)

「もはもは」とききてもう一度花見ればもはもはと咲くをかしかりけり
杉あかく染めて冠となる花に拍手ささげん秋のきぬれば
スポーツマンシップに胸を熱くすること幾たびや五輪の八月
筑波にも温暖化の波うち寄せてブナの林の立ち枯るといふ   

2008. 8.15

昨朝に薄紫の朝顔の今朝くれなひの拳となりて
百二百連続金の北島の水泳の花咲き極めたり
あん馬二度の落下に晴れる内村の体操王子となれる北京(ぺひちん)
咲き終へて閉じれば萼を離るるもいと潔し朝顔の花

ほろほろと流す涙の沁みゆけばはろばろと見ゆ明日の夢かな
あをいろもあかく萎みて地に落つる朝顔の花に満ついのちかな  

2008. 8.14

旦(あした)なる光射し込む吾が庵の朝顔の青いよよ深かり
繊細にして豪快な一本の上野を包む朝顔の色
騎士となるやまとをのこの闇中を灯す光の眩しかりけり
勝利あれば敗北もある人の世の夢に生きよと咲けるあさがお

あさがおにまばゆき光差し込めばほの立つ蕊の鐘鳴らしをり
五輪三昧杜新氏朝顔二枚目の画像にビックリさせてごめんね
棒立ててつるべとられぬやふにしてあを深深と朝顔の花  

2008. 8.13

山百合の花を彩る黄金の筋描きゆく火水木の字
手足伸び姿勢美し体操の演技に匂ふ山百合の花
正々にして堂々の一本の柔の道に山百合の花
足の痛み引かずマラソン欠場の野口みずきに贈る山百合

痛みトレーナーくて筋肉のコーチコーチに固まりにけり
惜しめればお湿りの降る常州に咲く山百合は水木となりて
TOMO姫の花に見とれし尊顔の輝き百合にいとつきづきし
やまちゃんはスポーツマンにありぬれば五輪の花のほのかほるかな     

2008. 8.12

苦境乗り越えて掴める栄光の喜境をおもふ桔梗の花に
これが自分の仕事と決めて内柴の男の道の雄々しかりけり
揚がりゆく国旗仰ぎつ北島の歌ふ国歌の荘重にして
桔梗花や雄蕊の描く大の字にならひて大字を書く雌蕊かな

紫の匂へる妹の心揺り動かす五輪に虹かかりゆく
願はくば桔梗の下に眠りたしその文月のもちづきのころ
秋きぬと耳にはさやかにきこへねど桔梗の花におどろかれぬる
日暮里の御影の君のすぐそばの北島選手の精肉店かな    

2008. 8.11

那珂川の舟戸の河岸に降り立てばカヌーの人の手を振りてゆく
いづこより流れていづこへ行くのやら知らねどさきはひあれと見送る

言葉一つ交はし手を振るひとときに和む心のありがたきかな


« 平成20年夏 道東紀行 | トップページ | 観照 »