« 平成20年2月 | トップページ | 平成20年4月 »

平成20年3月

2008. 3.31

我が庭に恥づかしさふに立ち出でて堅香子(かたかご)の花咲き初めにけり

もののふの八十蟻めらが踏みまがふ庵の隅のかたかごの花

この春を照らす灯の桜花

瓢箪から駒といへども薄べにの桜の花のいま出で初めし

本堂に降るくれなひの桜雨

亡母(はは)と見て亡弟(おとうと)と見て桜かな

ひょっこりと出で ふっくらの桜かな 

2008. 3.30

レンギョウの唱ふ南無妙法連翹

英名は金鈴花(Golden bell flower)なる連翹の「わたしきンれいか?」と虫に問ひ

水ぬるむ涸沼に鴨の散歩かな
朝もやの沼 悠然と春の中

2008. 3.29

吾に支へいただく方の旅立ちに油滴天目盃を贈らん

2008. 3.28

共に手を携へて来し日を惜しみ君に勧めん一杯の酒

2008. 3.27

母の色して咲く花の香をかげばしばしおもひは遠き日にあり

おもふことたぐりてゆけばははそはの母にたどれりわれは子なれば

2008. 3.26

プリと切れムラムラとする日の過ぎておどけて咲けるポリアンの花

手を振りて吾(あ)を励ませるプリムラの色やさしくてポリァーンとする

2008. 3.25

揺れ動くもの数多あり年度末 外(と)には蕾の膨らむとふに

突き上げる怒りに満ちて見上げれば蕾するどき爪立ててをり

2008. 3.24

常州は花冷へ雨の日なれども尾張の友が撮る花に酔ふ

こぶし咲く尾張の春をおもふ夜

2008. 3.23

前線にさまざまあれど花なれば早く来ぬかと待つばかりなり

前線の来れば暫(しばら)く停滞し茶でもゆるりとお飲みなされと

2008. 3.22

校庭に伸び行く影のわいわい(YY)と騒ぎて花を待つ心かな

さみどりの蕾 勝ち鬨「曳曵」「応」

千歳のときを一日(ひとひ)に桜川つぼみふくらむ頃となるかな

2008. 3.20

 あけぼの

常州や 笠間稲荷のあけぼのは 
山ぎは白み たなびける雲はほのかに
むらさきのかほりをのせて 
春分かちゆく

2008. 3.19

朝の陽に目覚む菫のはなびらの薄紫のすがしかりけり

うつむきてすっくりとたちつぼすみれ
さしすせそたちつぼすみれどしらそふぁ

2008. 3.18

「幸せの黄色いリボン」をひるがへし誰を待てるやマンサクの花
パタパタとハタキかければ飛びきたる花粉落とすやマンサクの花

2008. 3.17

懐かしき看板キンチョウ蚊取り持つ美空ひばりの「あら!こんにちは!」 
これよこれ この弁当のおかず入れ 新聞紙(しんぶんがみ)につゆのおもひで

2008. 3.16

掘り出しのものあらんかと立ち寄りて品をかきくけ骨董の市
春よ春 骨董市の和綴本 一冊なんと百円にあり
掘り出すは国定教科書一冊と書キ方手本五冊なりけり

2008. 3.15

久方の光のどけきわが庭に春蘭の打つ早緑の波
いとし子を抱き寄す母のぬくもりに雨も涙の春蘭の花

闘志いだく虚子をおもへり春蘭花

2008. 3.14

「千里の行 足下に始む」を五十枚書けば次第に筆の跳ねゆく
行草を交へてただに文字置きて書き始めなりこの一枚は
字の動き手になじみきてゆふたりと楽しみて書く半ばの一枚
七文字が一つの文字に見へるごとなるや最後に書ける一枚

2008. 3.13

ころころと四回転半ころがれる春の日眩し開け菜の花
ぺんぺんとやは春風に音鳴れば仏の座より立ちて踊れる

2008. 3.12

我が書ける題字第一号の文字に残る心をおもふ春の夜
「星あかり明日は晴なむ」住井氏の文字 潤せる春雨のごと

2008. 3.11

山の端の色くれなひの淡くして眼(まなこ)もゆるむ春の夕暮れ
「あたたかくなってきたね」と肩たたき楽しさふなり春の山々

2008. 3.10

オオイヌノフグリちひさき花なれど春大空の色を映しつ
春の野にさやき光をふりまきて「青の恵み」となれるこの花

2008. 3. 8

古への細き坂道上り行けば白壁ゆかし「製陶ふくだ」
信楽の法とり入れて二百年 五代義右門の技 天を突く
巨大花瓶に挿す花なくも蒼天の早春の雲 花と咲く見ゆ

2008. 3. 7

踊子の鎧兜に身を固め戦国絵巻となりにけるかも
腰曲げて手を差し出だし啖呵切る踊子草の声渋くして

おもひ秘め踊子そふと歩む丘

2008. 3. 6

NTTドコモの塔の紅白に黄の色を添ふサンシュユの花

山茱萸の皆さん 算数好きですか?
我が問ひに山茱萸ガッツポーズかな

2008. 3. 5

春の野にぺんぺん草の奏でたる音に目覚めて天道登場
枯葉なす椅子にコロリと横たはりまだ眠さふな七星天道

しゃしゃり出てテントウ虫のサンバかな

2008. 3. 4

紅梅のかほりに酔へる葉みどりの色さはやかに西山の道

眠りより覚むや西山梅蕾

2008. 3. 3

不老池の水鳥ゆるりと足伸ばし心やすめるわが思ひかな

池の面に弥生の緋鯉真鯉かな

2008. 3. 2

闕腋袍(けつてきのほう)に平胡録(ひらやなぐひ)の矢を持ちて武官は雛を護れる
緌(おひかけ)に顔(かんばせ)隠し右大臣の朱の色哀し「へ」の字唇
哀しみをうれしき歌にこきまぜて弥生の空に飛ばしゆくかな 

2008. 3. 1

もののふの言葉流行れり潔き心も共に流行らんとこそ


« 平成20年2月 | トップページ | 平成20年4月 »